May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

地域に貢献する東月GROUP

1月16日福島民報

1月16日 福島民報 掲載

雛人形寄贈。日本の伝統文化を後世へ

いわき市立平第五小学校の大平校長から「学校で雛人形を飾りたい」とご相談をいただき、
人形の東月では、地域貢献事業の一環として、正月のチャリティご奉仕会の収益金を活用し、
子どもたちの健やかな成長をの願い、人形の東月 代表取締役社長 脇山 智彦から、平成27年3月3日、
「親王飾りのひな人形」を寄贈させていただきました。 
子供の成長と共に節句人形が飾られない家庭もございます。毎年、節句人形を学校で観ていた
だき、日本の伝統文化を感じていただければという「伝統文化の継承」の思いもございます。


ひな贈呈02.jpgひな贈呈01.jpgひな贈呈03.jpg

ペット用ベット救護隊に贈る

ペット用ベット救護隊に贈る

ペット贈る

福島民報新聞 平成2561日掲載


 

2013日本の伝統文化を子供達に体験してほしい2

2013年5月2日 学園法人 まこと園 まこと幼稚園



まこと01まこと02まこと03まこと04まこと05
人形の東月(脇山智彦社長)は52日、いわき市の学園法人 まこと園
まこと幼稚園で初吹き流し式を行った。
子ども達が描いたこいのぼりは、
晴れ晴れとした空に掲げられ、初夏の風にふかれた。

 
 子ども達の記憶に残り、伝統文化を受け継いでくれる事を願いながら、
また来年開催できる事を楽しみにしている。

2013日本の伝統文化を子供達に体験してほしい

2013年5月1日 学園法人 小林学園 船戸幼稚園



船戸01船戸02
船戸03船戸05船戸04

人形の東月(脇山智彦社長)は51日、いわき市の学園法人
小林学園 船戸幼稚園で初吹き流し式を行った。
子ども達が描いたこいのぼりは、晴れ晴れとした空に掲げられ、初夏の風にふかれた。
 
子ども達の記憶に残り、伝統文化を受け継いでくれる事を願いながら、
また来年開催できる事を楽しみにしている。

 

2012年 日本の伝統文化を子供達に体験してほしい2

2012年4月13日 愛宕保育園


鯉のぼりの様子
鯉のぼりの様子

人形の東月(脇山智彦社長)は13日、いわき市の愛石保育園でこいのぼりの絵付け体験教室を開き、
園児たちが思い思いの模様をこいのぼりに描き込んだ。絵付けを通して思い出づくりをしてもらおうと、
同社が地域還元貢献事業の一環として開いた。4メートルと3メートルこいのぼり計2匹が用意され、
特殊な水性塗料を使い絵付けを行った。
園児が歓声を上げながら、こいのぼりの目やうろこに青やピンク、黄色など色とりどりの塗料を使って色を塗り、
オリジナルのこいのぼりを完成させた。
絵付けされたこいのぼりは同社によって加工され、保育園の園庭に掲げられる予定。


2012年4月26日 愛宕保育園


鯉のぼりの様子鯉のぼりの様子鯉のぼりの様子

上記と同じく、人形の東月(小松崎専務)は4月26日、いわき市の愛宕保育園で初吹き流し式を行った。子ども達が描いたこいのぼりは、晴れ晴れとした空に掲げられ、初夏の風にふかれた。子ども達の記憶に残り、伝統文化を受け継いでくれる事を願いながら、また来年開催できる事を楽しみにしている。



 

2012年 日本の伝統文化を子供達に体験してほしい

園児たちの描いた
「こいのぼり」を大空に…

人形の東月の想い


「東月」は、日本の良き伝統文化を継承し、節句ごとの行事の中で必然的な「教え」や「しつけ」を祖父母から孫に、
親から子に伝えて欲しいと願い、節句人形を地域に伝えさせていただいております。
そこで、県内各地で開催させていただきました「東月地域還元事業」の幼稚園の子育て支援応援の

「園児が描く、こいのぼり絵つけプレゼント」を今年も開催させていただく運びとなりました。
これは、人形の東月が全面負担にて行う事業であります。
また今後とも御協力の程何卒宜しくお願い申し上げます。

 
 

2012年4月11日 玉川幼稚園

鯉のぼりの様子
鯉のぼりの様子









 玉川幼稚園でこいのぼりの絵付け体験教室を開き、
 園児たちが思い思いの模様をこいのぼりに描き込んだ。

 絵付けされたこいのぼりは今月中に同社によって加工され、
 保育園の園庭に掲げられる予定。

 

 

 
2012年4月26日 玉川幼稚園
 
 
人形の東月(脇山智彦社長)は4月26日、いわき市の玉川幼稚園で初吹き流し式を行った。子ども達が描いたこいのぼりは、晴れ晴れとした空に掲げられ、初夏の風にふかれた。子ども達の記憶に残り、伝統文化を受け継いでくれる事を願いながら、また来年開催できる事を楽しみにしている。
 

鯉のぼりがいわきの大空を泳ぎました いわきを元気に…上を向いて

4月17日いわき公園モニュメント付近鯉のぼり大空へ
震災鯉のぼり01

房ととさん、店主志賀ゆきさんの原案で、
ら・エリア(郷ヶ丘・中央台周辺の町好き研究会)さんのご協力、
弊社が鯉のぼりを御用意させて頂き、実現しましたプロジェクトです。

暗い!先の見えないこの状況下で

「前を向いて明るくなろう!
「上を向いて進もう」
「自分たちで復興の兆し作りを実現しよう」

という企画です。
少しでも市民の皆様の気持ちが明るくなって頂ければと思い
協力させて頂きました。
みんなで上を向いて共にがんばりましょう。

 
※鯉のぼりは2011417日より5月末日までとなります。

震災鯉のぼり02震災鯉のぼり03震災鯉のぼり06

各種メディアに取り上げて頂きました。
震災鯉のぼり07

避難の幼児に玩具50セット




避難所の乳幼児の心のケア

避難所生活を送っている乳幼児の心を少しでも和ませたい

鹿島ショッピングセンターエブリアさんに 展示中の鯉のぼりを東月がお手伝いさせて頂きました

エブリア01エブリア01


エブリアひろばの吹き抜け部分に鯉のぼり20匹を展示中です。
どの角度から見ても違う鯉のぼりが飾られています。
お買物際には、ご覧になって下さい。


※展示は現在終了しております。
12>|next>>
pagetop